ニキビができる原因と種類

なぜニキビができるのか?その原因・種類と種類別の正しいケア方法を説明します

ニキビの原因

ニキビを直すにはまず出来る原因を知ることが大切。なぜ出来たのか、お手入れを始める前に、まずは原因を知りましょう。皮脂が過剰に分泌して出来るものと、お肌のバリア機能が低下して出来るものがあります。

皮脂が過剰に分泌する原因

  • ストレスによる男性ホルモンの分泌
  • 生理前に分泌される黄体ホルモン
  • 思春期

肌のバリア機能が低下する原因

  • 睡眠不足が続いた皮膚
  • 便秘によって体内に活性酸素をが貯まり肌細胞にダメージ
  • 乾燥は細胞同士を繋ぐセラミドが破壊される

どちらの場合も、詰まった毛穴の中でアクネ菌が炎症を引き起こしてできてしまったという点は同じです。毛穴を詰まらせる原因、つまり、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まるか、外部からの刺激から肌を守っている角層が乱れてバリア機能が低下し毛穴を詰まらせるか、そこに違いがあると言うわけです。

毛穴を詰まらせる原因が違うのであればお手入れや無くす方法が違って当然です。それぞれの原因に合わせたお手入れをすれば、きっとなくなってくるでしょう。

ニキビの種類とケア方法

白ニキビ

本当の初期症状です。放っておくと、悪化して取り返しの付かない事になります。肌がゴツゴツ・ザラザラしているという方は白ニキビが出来ていないかチェックしてみて下さい。

ちょっとした肌の汚れ、角質の汚れが毛穴を詰まらせて出来てしまいます。つまり、毛穴を詰まらせないよう、肌を常に清潔にきれいに保つ事で予防できるのです。

黒ニキビ

空気中のホコリが毛穴に入り、汗やメイクの油分と一緒に固まり酸化したもので、ニキビとしては初期段階の軽いものです。痛みは無いものの毛穴をはっきりと目立たせる為、メイクを頑張ってもきめ細かな美肌に見せる事は難しいのです。

予防する為には皮脂の分泌を抑える事!その為には皮脂の分泌を増進させるストレスを無くしたりホルモンバランスを整える事が大切です。

赤ニキビ(炎症)

毛穴に詰まった皮脂に細菌がついて周りの肌が炎症をおこし赤くなってしまった状態です。特にUゾーンにに出来やすく、ストレスが原因で出来る「大人ニキビ」と呼ばれるものです。

もし出来てしまったら、炎症を起こしてしまっているので、まず肌に刺激を与えない事が大切です。治るまでは油分の多い化粧品でのメイクも避けましょう。また、洗顔のときも炎症を起こしている部分は決してこすらず、泡で包み込んで皮脂やホコリを流すようにしましょう!

黄ニキビ(化膿)

ここまで悪化してしまうと、それを治療してもシミになってしまったり、悪いときは凹凸のクレーターのような跡になってしまいます。赤ニキビと同様、刺激をあたえない事が一番の治療法ですが、自力で直すより皮膚科へ行って見てもらうことをオススメします。

化膿して膿を持っている状態のため、間違っても潰して膿を出そうとはしないで下さい。少しの刺激も与えないよう洗顔も泡で包むようにそっとホコリを落として下さい。

その他の情報

ニキビケアの口コミ情報

超シンプルケアを実感!「wash face」は、トロトロ感を超えるヌルヌルネバネバの海藻成分で皮膚の汚れや垢をきれいに洗い流してくれます。また、毛穴に詰まった老廃物もきれいに取り除き、予防や肌にはとてもやさしい使い心地です。試してみる価値ありです!

当サイトの免責事項

当サイトは美肌づくりのお役に立てるよう正確な情報をご提供するよう努めておりますが、ご提供している情報が必ずしもすべての方に有効とは限りませんのでご利用の際はご注意下さいますようお願い致します。

また、当サイトからご提供している情報やリンク先のホームページから紹介されている情報をご利用頂いた結果生じた不都合や不利益に関しては責任を負いかねることをご了承頂きますようお願い申し上げます。